神社検定/神道文化検定/知ってますか?日本のこころ
神社検定・神道文化検定
平成30年06月10日(日) 第7回 神社検定 弐級(2級)
  • 神社検定とは
  • お申込みについて
  • テキスト・問題集のご案内
  • お問合せ
  • 各講座のご案内
    神社検定合格者限定 第47回「初穂曳」   壱級 弐級 参級   *開催予定*

    平成30年10月15日
    第47回「初穂曳(はつほびき)」
    「神嘗祭由貴夕大御饌(かんなめさいゆきのゆうべのおおみけ)奉拝」


    「初穂曳」とは、神宮神嘗祭にあわせ、地元神領民が第六十回式年
    遷宮を機に、初穂を伊勢の神宮の両宮に捧げ神恩に感謝すると共に、お木曳行事の継承を図ることを目的として始められました。
     お木曳の際に使用する「お木曳車」に全国から集められた初穂を
    載せ、揃いの法被を着て勇ましく賑やかに伊勢の町を練り歩き、神
    宮の域内へ運び奉納します。
     この初穂曳に、神社検定に合格された方々は、特別神領民として参加することができます。また、参加者の中から壱級合格者を対象に「神嘗祭由貴夕大御饌」(外宮)の奉拝もできます。
     神宮で新穀感謝の心と神宮神嘗祭に触れる貴重な機会です。是非ご
    参加ください。

    第45回初穂曳の様子はこちら↓↓
    「初穂曳に参加しました」体験レポート(第1回)

    【行程】(予定)
    「初穂曳」
     8:30~16:30
    神宮会館集合(受付・奉曳用の服に更衣)/8:30~9:00 
    ⇒ 奉曳出発地点(結団式・日程説明)/10:30 
    ⇒ 初穂曳奉仕(外宮迄奉曳・初穂奉納・解団式・御垣内参拝)/11:00~12:00 
    ⇒ 昼食(神宮会館内)・着替え(内宮参拝用の服に更衣) 
    ⇒ 内宮宇治橋前集合/14:30 ⇒ 御垣内参拝・御神楽奉納/15:00 
    ⇒ 内宮神楽殿前にて解散/16:30
    ※奉曳の往復はバス移動(貸切)、内宮までは徒歩移動となります。
    ※神宮会館内に更衣室を用意しています。

    「神嘗祭由貴夕大御饌奉拝」 21:00~23:00 ※壱級合格者限定
    外宮表参道日除橋前集合/21:00 ⇒ 
    神嘗祭由貴夕大御饌奉拝(夜間奉拝)⇒ 外宮前にて解散/23:00
    ※集合に遅刻された場合は奉拝できません。
    ※神社検定参加者のみ外宮前で集合・解散となります。

     ※【行程】は前回の行程を参考までに掲載しています。予定は変更になる場合があります。

    【神嘗祭とは】
    天照大御神にその年の新穀を捧げるお祭です。神宮における年中最大の収穫祭で、宮中並びに全国神社の新嘗祭に先立って行われます。外宮では、10月15日夜から16日朝にかけて、また内宮では、16日夜から17日朝にかけて「由貴大御饌」を奉ります。それぞれ明けた日の正午には、天皇陛下より勅使が遣わされ、「奉幣の儀」が行われます。
    伊勢では、神嘗祭のことを「大祭」と呼び、様々な奉祝行事が行われています。

    【服装について】
    奉曳・外宮参拝:白シャツ・白ズボン・白運動靴をご用意ください。
    法被・鉢巻は当日貸与します。

    内宮参拝・神嘗祭由貴夕大御饌奉拝:男性は背広・ネクタイ着用、女性はそれに準じた服装。
    華美な服装は神宮より参拝を断られる場合があります。
    ※神宮会館内に更衣室を用意しています。
    実施日 平成30年 10月 15日 (月)
    実施時間 【初穂曳】8:30~16:30(予定)  【神嘗祭由貴夕大御饌奉拝】 21:00~23:00(予定)  
    会場 三重県 / 神宮
    三重県 / 神宮会館(伊勢神宮崇敬会)
    壱級(1級) 弐級(2級) 参級(3級)
    対象 【初穂曳】 神社検定第1回~第6回の合格者 
    【神嘗祭由貴夕大御饌奉拝】 神社検定第3回~第6回の壱級合格者 
    ※定員に達し次第締め切らせていただきます。
    ※第7回受検の方でこれまでに合格認定を受けていない方は、主催者の募集日程と成績表到着日の都合上、お申し込みできません。(次年度も開催予定)
    参加費 詳細が決まり次第ご案内いたします。
    ※神嘗祭由貴夕大御饌奉拝は、電話、FAXのみ受付いたします。
    定員 【初穂曳】 100名   【神嘗祭由貴夕大御饌奉拝】 20名  
    ※定員に達し次第締め切らせていただきます。
    申込方法 本ホームページ、FAX、電話にてお申し込みいただけます。
    詳細が決まりましたらご案内いたします。